カンボジアからの研修生受入れについて - カンボジア人実習生がもつ日本に適した国民性とは

カンボジア人実習生がもつ日本に適した国民性とは

  • カンボジアからの研修生受入れについて

    • 日本では外国人技能実習制度という制度を設けカンボジアから研修生を受け入れています。

      カンボジアの研修生の情報を提供中です。

      受入れる側にとってのメリットは、カンボジアと商業経済的、国際的な繋がりが出来ることです。

      昨今はどの企業も企業コンプライアンスの一環として発展途上国からの人材受入れを推奨し、国際貢献に役立つことにもなります。
      カンボジアからの研修生にとっては来日する事で専門技術を身につけ帰国してから高待遇で就職する事が出来、カンボジアに先進的技術を導入する事が可能です。



      こういった高い技術による効率的技術革新は自国の労働環境を向上させ、国民の利益に繋がります。

      外国人研修生は自国で選抜されて来ており、頭が良く性格的にも活発なので職場の雰囲気も明るくなり受入れ側の生産性向上にもなります。
      受入れ企業は外国から来た研修生に日本の先端部技術を教えなければならない義務を持ちますので、そのため社員にも責任感が生まれ職場に良い意味での緊張感が生まれます。
      カンボジアからの研修生を受け入れている企業は様々な業態で、製造や繊維、機械技術や食品、建設や漁業農業分野等あらゆる場所で活躍しています。

      現在日本経済にとって問題となっているのは、少子社会による労働力不足で、実際労働力不足から経営困難に陥る企業は多いものです。



      自国で真面目さを買われて来日して来る外国人の実習制度は両国の産業技術力を強化して行きます。

      日本では医療、建設分野等での人手不足か深刻で今後受入れがますます重要な課題です。