カンボジア人実習生がもつ日本に適した国民性とは

  • カンボジア研修生の送出し機関について

    • カンボジア研修生の受入れでは団体監理型の形態が広く利用されています。

      企業単独型とは異なり、ここでは事業協同組合や商工会等の監理団体が研修生を受入れ、傘下となる企業等で技能実習が実施されます。

      カンボジアの研修生の最新情報ならこちらを参考にしてください。

      カンボジア研修生受け入れに関しては、監理団体への相談・申込、一次候補者選考、現地面接、在留資格認定証明書交付申請、現地教育、在留資格認定証明書交付許可、査証申請、入国、講習、各社における技能実習、技能実習生2号への移行手続きと技能検定、技能実習生2号の期間更新、帰国の流れとなります。監理団体が注意すべき内容としては送出し機関の選定があり、支援機構である公益財団法人国際研修協力機構(略称:JITCOジツコ)では送出し国政府の規準に従って認定された機関を推奨しています。



      送出し機関は国別にJITCOのホームページで確認をすることができます。
      カンボジアにおいては現在67の機関が認定されており、全ての機関が首都プノンペンに設けられています。監理団体が送出し機関を選定する場合には事前にJITCOからの情報提供を受ける必要があり、独自判断はリスクが伴うことを理解しておく必要があります。送出し機関は日本駐在事務所がある場合や日本語を話す職員がいるなど様々であり、実際、条件が備わっていない機関も22程度確認されています。
      送出し機関の選定で重要な点としては、あくまでも各国が基準に従ってそれぞれ認定していることがあり、JITCOが認定をしている訳ではないことを認識しておく必要があります。また、認定を受けていない機関も多く存在しており、この場合には最新情報がタイムリーに伝わらないことやトラブル発生時に適切な指導が受けられない可能性があるなど、十分な注意が必要になります。