カンボジア技能実習生 - カンボジア人実習生がもつ日本に適した国民性とは

カンボジア人実習生がもつ日本に適した国民性とは

  • カンボジア技能実習生

    • 技能実習生とはカンボジアなどの発展途上国より実習生として各企業が受け入れ、彼らが労働をしながら仕事の技術を学べる制度です。

      実習期間も給与が支給され、働きながら学べる制度のため、近年では技能実習生として日本への入国を希望する若者が数多くいます。


      東南アジアの中でも国政が厳しく職業難が続くカンボジアでは、日本の技術を学び母国の発展のために役立てたいという若者がこの制度を利用しています。

      カンボジアの実習生に関してとにかく簡単に調べられます。

      およそ2-3年の実習期間を経て母国カンボジアに戻り、その技術力を生かして起業し成功している若者も多く見られる一方で、当初の契約とは異なる劣悪な環境下での労働に耐えきれずに母国へ帰国していくという実態もあります。

      こうした問題は受け入れる企業主側の考え方がこの制度の根本とかけ離れている場合に生じるケースが多いようです。



      安価な海外労働力として実習生を受け入れている企業主は、彼らに誰がやってもいいような雑用ばかりをやらせて、仕事内容を理由に賃金の引き下げを行う、言わば「見習い」的な位置付けて彼らを管理しようとします。



      賃金が低いばかりではなく肝心の技術も学べない環境では実習生にとって、この制度はもはや何の意味もないものとなってしまいます。