カンボジア人実習生がもつ日本に適した国民性とは

  • カンボジアの研修生を受け入れる

    • まだ発展途中の国のために、日本が外国人労働者を受け入れ、技術や技能を習得させて働かせることが増えています。


      カンボジアなどから来た研修生達にとっては一からきちんと技能を学ぶことが出来、日本にとっても労働力が増え、生活が豊かになるなど双方にメリットがあります。

      カンボジアの研修生の情報を探すならこちらです。

      元の国に帰ったとき、日本から学んだ技術が生かせるよう、勉強してもらうためにはどのようなことが重要なのでしょうか。


      カンボジアの研修生はお国柄、真面目で勤勉、何事にも意欲的であり、日本と似たような価値観を持ち生活しています。従順で素朴な性格が多いとされ、日本と同じく仏教を信仰しているため、価値観の違いなどで争う心配もあまりありません。
      発展途上国ということもあり、若い世代はさらなる国の発展を願い日本で労働、勉学に励もうと努力しています。



      こちらに来る前にマナーや日本語を勉強してくることが多く、受け入れもスムーズに進み、医療や観光等の人手が少ない分野を中心に活躍が期待されています。カンボジアの研修生達の多くは、数年間日本で学び、母国へ帰っていきます。
      そのため期間限定的な働き手となりますが、一度受け入れ態勢を整えればまた新しい労働者を雇え、結果的に長期的に安定した人材を確保できることにつながります。



      彼らは外国人であるため、多少こちらの国に来たときは戸惑うことやなれないことが多くあります。

      きちんと彼らの事を理解することでお互いの国の発展がさらに進むことでしょう。