カンボジア人実習生がもつ日本に適した国民性とは

カンボジア人実習生がもつ日本に適した国民性とは

カンボジア人実習生がもつ日本に適した国民性とは

日本国内で働く外国人実習生の数は年々増加傾向にあります。

日本の若者人口減少による人手不足を補うかのように、国は外国人実習生などの受け入れを積極的に行っています。

様々な国から訪れている実習生たちですが、その中でもカンボジアからくる若者は日本で働くのに適した条件をもっているといわれている。まずカンボジア民は純粋で、実直な性格をもつ人が多い。
少年の心を持ったまま大人になったかのような青年たちに、多くの日本人が驚かれるようです。
というのもカンボジアでは国教を「仏教」と定めていて、ほとんどの国民は「仏教徒」。

今すぐ見つかるカンボジアの実習生ってとにかくお勧めなんです。

そのため寺院に通うことや、お辞儀をする、年配者に配慮し、礼儀を重んじるといった点が日本人と極めて似た国民性をもっているのです。


彼らの純粋さや真面目さは、そういった環境があってこそ育まれていったのです。
またカンボジアでは働き盛りの人口が多くなり過ぎているという実状があります。30歳以下のカンボジア人の割合は全人口の3分の2を超えていて、全国民の平均年齢は25歳と若い世代が極めて多くなっています。


そのため若者向けの仕事は供給過多となっており、仕事のない人たちが大勢いるのです。

またポルポト政権時代の影響による経済発展の遅れから、労働者の賃金は東南アジアの中でも特に低いものとなっています。



ですが働き口がない彼らも、そのまじめな国民性から働きたいという意欲は高く、その点でも日本で働くことは彼らにとっても日本にとっても実りのある選択肢だと考えられるのです。



  • カンボジア留学の納得の情報

    • 技能実習生とはカンボジアなどの発展途上国より実習生として各企業が受け入れ、彼らが労働をしながら仕事の技術を学べる制度です。実習期間も給与が支給され、働きながら学べる制度のため、近年では技能実習生として日本への入国を希望する若者が数多くいます。...

      detail
  • カンボジア留学の耳より情報

    • 日本では外国人技能実習制度という制度を設けカンボジアから研修生を受け入れています。受入れる側にとってのメリットは、カンボジアと商業経済的、国際的な繋がりが出来ることです。...

      detail
  • カンボジア留学の話

    • カンボジア研修生の受入れでは団体監理型の形態が広く利用されています。企業単独型とは異なり、ここでは事業協同組合や商工会等の監理団体が研修生を受入れ、傘下となる企業等で技能実習が実施されます。...

      detail
  • カンボジア留学の知っておきたい常識

    • まだ発展途中の国のために、日本が外国人労働者を受け入れ、技術や技能を習得させて働かせることが増えています。カンボジアなどから来た研修生達にとっては一からきちんと技能を学ぶことが出来、日本にとっても労働力が増え、生活が豊かになるなど双方にメリットがあります。...

      detail